家の断捨離をすることでもたらされるメリット

忙しい日常生活の中で機会をみつけて断捨離をすることは、とても良いことです。断捨離をすれば、家の中が間違いなく片付きます。これはただ単に家の中がスッキリするというだけではなく、心理的にもプラスです。家の中に物があふれている状態では、何か新しい物を買おうという気になかなかならないです。それは「これ以上物を増やしたら置く場所がなくなってしまう」という心配を無意識的にしてしまうからです。しかし、断捨離をして家の中の不要な物を処分すれば、それを機に何か新しい物を買おうという気になります。つまり、断捨離をすることで新しい物を買おうという意欲が自然とわいてくるのです。

その断捨離をするタイミングについてですが、あまり難しく考える必要はありません。単純に家の中に物が溜まってきてしまったら行うというのでも構わないですし、年末年始やゴールデンウィークや夏休みなど、大型連休を利用して断捨離を行うのもタイミング的に相応しいです。重要なのは断捨離をやろうと思ったらすぐ実行に移すこと、そして、断捨離を始めたら中途半端に終わらせるのではなく納得がいくまでやり切ることです。そうすれば断捨離によって家の中が見違えるようにきれいに片付きますし、気分的にもスッキリするのは確かです。不要な物の山を目の前にするとその量の多さに怖気づいてしまい、断捨離をしようと思えないのかもしれません。ですが、そこで思い切って断捨離を行えば新しい物を買う意欲が自然とわき、以前よりも住みやすい状態にできます。


●関連サイト

断捨離をしようとしたら思わぬ副業を発見!それがコレ!

部屋中モノだらけのズボラ女がついに断捨離を決意。すると断捨離で部屋が片付くだけではなく、お小遣い稼ぎができることを発見!そのお小遣い稼ぎとは?

部屋が散らかるのは、断捨離できていないから

「人生がときめく片づけの魔法」がミリオンセラーとなった当時、私の周囲はちょっとした断捨離ブームとなりました。職場の友人が断捨離の指南書でもあるこの本を貸してくれましたが、読んだ私の感想は、ほとんどのことを私はもう実行済みということ。もともと物が少なかった上に、引越しで不用品を処分したばかりだったので、断捨離するほどの物は残っていなかったのです。
そんな私がせっせと断捨離をしていたのが実家です。思い切りよくいろんな物を捨ててしまう私の性分は父親譲りで、母は何もかも取っておきたいタイプ。父が亡き後、日に日に実家は散らかるようになっていて、帰省する度に私が片づけを買って出ていたのです。「人生がときめく片づけの魔法」の中には「捨てるものを家族に見せるな」という一項がありましたが、片付けながら、もうこれは要らないだろうと思われる物を、捨ててもいいかどうか母に尋ねると、返ってくる返事は決まって「ダメ」。そこで私は何とか工夫して片付けるのですが、数カ月後に帰省するとまた散らかっている有様です。
最終的には、これはもう要らないに違いないけれど捨ててはいけないと言われた物は、全て段ボールに詰め込んで屋根裏に仕舞い込みました。
母に断捨離させようと試みて私が学んだことは、片付けがヘタな人は捨てるのがヘタ、ということです。何もかも取っておこうとするから、何を持っているかもわからなくなってしまい、探し物にも時間がかかり、その結果ますます散らかってしまうのです。
親のふり見て我がふり直せというわけで、私自身は日々断捨離を続けています。

断捨離で注意すること

今、断捨離がブームとなっています。部屋などが片付けられない…という方はとても多いですが、断捨離をすることで、誰でも部屋などを綺麗に片付けることが出来ますし、掃除を済ませることが出来ます。散らかっている部屋や汚部屋なども、断捨離をすることで、美しい部屋にすることが出来たりします。今は断捨離をすることが良いと考えられていて、無駄なものは捨ててしまうことが良いとされています。
しかし、こちらの断捨離ですが、実行する上で、いくつか注意点があります。まず断捨離を実行するに当たっては、いるものといらないものをしっかりと区別することが大切です。断捨離だからといって、必要なものだったり、重要なものまで捨ててしまうと後悔してしまうことになります。このため、最初にいるものと要らないものをしっかりと分けておきましょう。
また、断捨離をする際には、家族と同居している場合には、家族にきちんと了承を得ることが大切です。自分のものを捨ててしまうのは問題がありませんが、家族のものなども勝手に断捨離してしまうと、家族に怒られてしまい、トラブルに発展してしまいかねません。共同生活をしている場合には、勝手に捨ててしまうことはないようにしましょう。
また、断捨離をする際には、ゴミの日などを考えて、そして実行することです。捨てる際にはデタラメに捨ててしまわないで、有料のゴミなどは分けたりして分別をきちんと行いましょう。ゴミの日の前などに実行することで、全てのゴミが捨てることが出来ます。

断捨離したいあなたにおすすめの本

断捨離しようと思っても、思うように進まない、また使うかもしれないとかまだ使えるしとか思って捨てられないという事あると思います。
どれを捨ててどれを残すか、後悔しないように処分していくのは難しいですよね。
そんな時に参考になるのが断捨離本です。
おすすめの本をご紹介します。

おススメしたい本は「人生がときめく片づけの魔法」です。人生がときめくというタイトル、すごく惹かれてしまいますね。
著者のこんまりさんこと近藤麻理恵さんはメディアにも多数出演されているので、見たことがあるという人もいるでしょう。

1回片付けしたらもう散らかったりしないという魔法のような片付けテクニックを紹介してくれます。
どうやれば断捨離がうまくいくのか、これを読むとコツが分かります。

どうして人生がときめくと書かれているのかは、本を読んで実践した人の声を見ると分かります。
なんと片付けしただけで、痩せられたとか仕事の成績が上がったとか、会いたい人に会えたなどの嬉しい事が起きているのです。
断捨離すると気持ちにも余裕が出てきます。空いたスペースには新しいものが入ってくると言われていますが、まさにそういうことなのではないでしょうか。

収納術も勉強できる本なので、捨てられないものがあっても上手に収納して驚くくらい部屋をきれいに片付けることができますよ。
片づけが苦手という人にもおすすめの1冊です。この本はパート2も発売されています。できればセットで読みたいですね。

断捨離をうまくするコツ

生活をする時は新しいものを購入すると不要なものをそのままにすると邪魔になり、断捨離をしてスッキリとした状態にすると効果的です。不要なものを処分する方法は人それぞれですが、買い取ってもらえるものを知るとお金に変えることができます。日常生活は自分自身で考えないと優柔不断になりやすく、新しいものを購入する際にはどこに置くか考えてスペースを確保する方法が望ましいです。
断捨離は自分自身で頭を使って考えないと失敗しやすく、自宅に置く場所を確保しにくくて動きにくくなるものです。人間はストレスが溜まると前向きに行動しにくい状況になりやすく、不用品回収の手順やコツをつかみスッキリとした状態になるよう計画を立てると今後の生活を安心して暮らせます。生活をする時は闇雲に買い過ぎると保管する場所を確保できなくなり、整理整頓をしづらくなるため買い物をする際には無計画にならないように押入れや倉庫などの状況を確かめることが大事です。
断捨離をうまくするコツは自分自身で考えないと理想通りにならないため、使えるものとそうでないものを分別して買い取ってもらえるものはお金に変えると便利です。整理整頓は自分自身で効率良くできる方法を決め限られたスペースを有効活用し、今後の生活を快適に過ごせるようにレイアウトを決めておろそかにならないようにする必要があります。生活をする時は無計画に多くのものを購入すると片付けにくくなり、不用品回収の仕方や整理整頓のコツをつかむと便利です。